このサイトは、日本で医療行為にかかわる医療関係者を対象としています。

メディカルインフォメーションはこちら
検索

Menu

Close

ログイン/新規会員登録ログアウト 製品情報製品情報製品情報製品一覧お役立ちサイト医薬品安全対策オンラインお役立ちサイト添文電子化のお知らせ診療情報医薬品安全対策オンライン領域別情報講演会情報診療サポート診療サポートお役立ちサイトSANFORD GUIDEサンメディア学術情報サービスReal-World Evidenceサイト動画・資材動画ライブラリー資材ライブラリー(旧PfizerPRO Direct(資材宅急便))診療情報医薬品安全対策オンライン製品の供給状況お問い合わせLet's ConnectContact Usお問い合わせ

■ファイザー新型コロナウイルス関連のサイトはこちら:『ワクチン』医療従事者専用サイト:弊社コーポレートサイトからアクセスいただけます。

Menu

Close

疾患疾患バイオシミラーとは日本の政策についてバイオシミラー登場の背景バイオシ医薬品とバイオシミラージェネリック医薬品とバイオシミラーバイオシミラーを含むバイオ医薬品の製造工程バイオシミラーの包括的エビデンスとは「包括的エビデンス」の考え方バイオシミラーの臨床試験の意義バイオシミラーの適応症~外挿に対する考え方~ファイザー品質のバイオシミラーファイザー品質のバイオシミラー講演会・動画・資材一覧講演会・動画・資材一覧講演会講演会動画すべての動画

ファイザー品質シリーズ

バイオシミラー導入事例シリーズ

資材すべての資材

Example

「包括的エビデンス」の考え方
同等性/同質性を証明するための包括的エビデンス

バイオ医薬品は、生物細胞より作られる製剤であるため、先行バイオ医薬品、バイオシミラーともに、同じ製造工程でも品質特性に違いが生じます。そのため、バイオシミラーは先行バイオ医薬品との同等性/同質性を示すデータに基づいて開発されます。

バイオシミラーの開発では、国際ガイドライン「ICH Q5E」のコンセプトに基づいた適切な試験の実施が必要となります。まず種々の品質特性解析を実施し、その後に非臨床試験、臨床試験といったように段階的に同等性/同質性を評価していきます。そして、最終的に、各段階の評価で得られた全てのエビデンスを包括的に判断することが重要とされています。

ICH〔International Council for Harmonisation of Technical Requirements for Pharmaceuticals for Human Use(医薬品規制調和国際会議)〕:医薬品規制当局と製薬業界の代表者が協働して医薬品規制に関するガイドラインを作成する国際会議

■ バイオシミラーの同等性/同質性を証明するための段階的アプローチ

Kicker
Socinski MA. et al.: MAbs 7(2): 286, 2015[L20180604009]より作成
バイオシミラーの承認申請

バイオシミラーの承認申請では包括的エビデンスが求められているため、新薬に準じた申請資料の提出が要求されます。

■ バイオシミラーの承認申請に必要なデータ
山口 照英: Pharm Tech Japan 25(7): 1243, 2009[L20180604010]より作成
■ 日本での承認申請に必要な資料
平成21年3月4日付「バイオ後続品の承認申請について」薬食発第0304004号[L20180629016]より作成
広範な品質特性解析の実施

バイオシミラーの開発では、品質特性解析に重点が置かれます。構造(アミノ酸配列や糖鎖)や物理的化学的性質、生物活性、免疫化学的性質、純度、物質量などについて広範な解析を実施し、これらの結果を総合的に評価することで先行バイオ医薬品との構造と機能の同等性/同質性を証明します。

Ryan AM: Vet Pathol 52(2): 419, 2015[L20170323019]
■ 品質特性解析における多元的評価
西島 正弘、川崎 ナナ編:バイオ医薬品 開発の基礎から次世代医薬品まで, 4章 バイオ医薬品の品質評価 化学同人: 39, 2013[L20170323021]
非臨床試験も包括的エビデンスの一部

品質特性解析の次のステップとして、臨床試験までに、ヒトに投与するための安全性や有効性を確認する必要があるため、非臨床試験を実施します。非臨床試験は、毒性試験と薬理試験が必要とされますが、品質特性解析の結果や毒性試験の結果、先行バイオ医薬品の目的物質(有効成分)の特性に関する情報から評価が必要と判断される場合には、その他の非臨床試験も実施します。例えば、糖鎖の不均一性が生じた場合、体内での薬物動態に影響しないかどうか、薬物動態の試験が必要となる場合があります。

​​​​​​​
令和2年2月4日付「バイオ後続品の品質・安全性・有効性確保のための指針」薬生薬審発0204第1号
バイオシミラーを含むバイオ医薬品の製造工程Loading バイオシミラーの臨床試験の意義Loadingバイオシミラーの包括的エビデンスとは
2023年1月作成 BST37M002A
PfizerPro会員登録​

会員限定コンテンツのご利用には会員登録が必要です。
ご登録は日本で医療行為にかかわる医療関係者に限定させていただいております。

ログイン新規会員登録

Copyright© since 2010 Pfizer Japan Inc. All right reserved.

Copyright© since 2010 Pfizer Japan Inc. All right reserved.

Pfizer for Professionals

本コンテンツは、日本国内の医療・医薬関係者を対象に、日本国内で医療用医薬品を適正にご使用いただくため、日本国内の承認に基づき作成されています。日本の医療機関・医療提供施設等に所属し、医療行為に携っている方を対象としており、日本国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではない事をご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はい いいえ
​​​​​​​​​​​​​​ファイザー株式会社のサイトを離れます。
リンク先のサイトはファイザー株式会社の所有・管理するものではありません。ファイザー株式会社は、リンク先の内容・サービスについて、一切責任を負いません。

また、リンク先サイトをご利用になる際には、リンク先の規約に従ってください。

ファイザー株式会社のサイトを離れてよいですか?
テストファイザー株式会社のサイトを離れます。
リンク先のサイトはファイザー株式会社の所有・管理するものではありません。ファイザー株式会社は、リンク先の内容・サービスについて、一切責任を負いません。

また、リンク先サイトをご利用になる際には、リンク先の規約に従ってください。

ファイザー株式会社のサイトを離れてよいですか?