このサイトは、日本で医療行為にかかわる医療関係者を対象としています。

メディカルインフォメーションはこちら
検索

Menu

Close

ログイン/新規会員登録ログアウト 製品情報製品情報製品情報製品一覧お役立ちサイト医薬品安全対策オンラインお役立ちサイト添文電子化のお知らせ診療情報医薬品安全対策オンライン領域別情報講演会情報診療サポート診療サポートお役立ちサイトSANFORD GUIDEサンメディア学術情報サービスReal-World Evidenceサイト動画・資材動画ライブラリー資材ライブラリー(旧PfizerPRO Direct(資材宅急便))診療情報医薬品安全対策オンライン製品の供給状況お問い合わせLet's ConnectContact Usお問い合わせ

■ファイザー新型コロナウイルス関連のサイトはこちら:『ワクチン』医療従事者専用サイト:弊社コーポレートサイトからアクセスいただけます。

疾患疾患疾患を理解する小児神経因性膀胱について理解する小児神経因性膀胱と二分脊椎小児神経因性膀胱の診療の流れ小児神経因性膀胱の早期診断・治療の重要性疾患紹介動画疾患紹介動画診断・検査診断・検査可能性を疑う小児神経因性膀胱の可能性を疑う難治性の下部尿路症状から疑う検査所見から疑う診断を行う小児神経因性膀胱の診断方法治療治療治療をするCICや薬物による治療講演会・動画・資材一覧講演会・動画・資材一覧講演会講演会動画すべての動画資材すべての資材

Menu

Close

難治性の下部尿路症状から疑う Loading 検査所見から疑う Loading

小児神経因性膀胱の可能性について、難治性の下部尿路症状から疑うポイントを、症例をもとにご紹介します。

※ここでご紹介する症例は臨床症例の一部を紹介したもので、すべての症例が同様な結果を示すわけではありません。

尿失禁が持続する未就学の男児

監修・症例提供:長野県立信州医療センター 泌尿器科 部長 井川靖彦 先生
長野県立こども病院 泌尿器科 部長 市野みどり 先生

5歳、男児。3-4歳時に排尿が自立しましたが、昼間尿失禁が持続するため近医小児科を受診しました。
この際に脊髄疾患の可能性を考慮し、当科および脳神経外科に紹介されました。
当院初診時の症状は、

  • 1-2時間に1回くらい排尿誘導していますが、間に合わずに漏れる時もあります。
  • トイレを汚すくらい勢いよく尿が出ます。
  • 毎晩夜尿があり、オムツが必要です。
  • 排便は毎日ありますが、月に1回程度の便失禁を認めます。

仙尾部の皮膚異常、神経学的検査で明らかな異常所見を認められませんでした。

●排尿日誌 ●腎尿路超音波検査:異常はありませんでした。 ●MRI撮影

MRIにて、脊髄終糸脂肪腫を認めました。

●透視下尿流動態検査

蓄尿期に排尿筋過活動()が繰り返し認められ、では我慢できずに全量排尿しました。
排尿期には明らかな異常を認められませんでした。
透視画像では明らかな膀胱、尿道の形態異常を認められませんでした。

MRIと透視下尿流動態検査の結果から、脊髄終糸脂肪腫が排尿筋過活動の原因となっている可能性が考えられました。
養育者に状態を説明し、脊髄終糸脂肪腫に対して手術を選択しました。

●手術後3ヵ月の尿流動態検査および症状

術後、尿失禁は術前に比べかなり改善し、便失禁も消失しました。
手術後3ヵ月の時点で実施した尿流動態検査において排尿筋過活動の減少が確認されました。

行動療法を行うことで、尿失禁は消失しました。
当科受診5年後、尿意切迫感、尿失禁、便失禁ともに認められません。

明らかな神経学的所見が無い場合であっても、下部尿路機能障害の原因が神経疾患にあったと考えられる1例です。詳細な問診に加えて複数の検査を行い、様々な角度から疾患を疑うことで診断に至り、その後の適切な治療により症状の改善につながりました。

next 
昼夜尿失禁が持続した仙骨部腫瘤の既往のある男児
Loading
ButtonButtonButtonButtonButtonButtonLoading ButtonButtonButtonButtonButtonButtonLoading
小児神経因性膀胱 疾患情報(メディカルアフェアーズ)

01  疾患を理解する

Loading
小児神経因性膀胱について理解する 小児神経因性膀胱と二分脊椎Loading 小児神経因性膀胱の診療の流れLoading 小児神経因性膀胱の早期診断・治療の重要性Loading

02  可能性を疑う

Loading
小児神経因性膀胱の可能性を疑う 難治性の下部尿路症状から疑うLoading 検査所見から疑うLoading

03  診断を行う

Loading
小児神経因性膀胱の診断方法

04  治療をする

Loading
CICや薬物による治療

05  疾患紹介動画

Loading
関連コンテンツ
小児神経因性膀胱 疾患情報(メディカルアフェアーズ)

01  疾患を理解する

Loading
小児神経因性膀胱について理解する

小児神経因性膀胱と二分脊椎

Loading

小児神経因性膀胱の診療の流れ

Loading

小児神経因性膀胱の早期診断・治療の重要性

Loading

02  可能性を疑う

Loading
小児神経因性膀胱の可能性を疑う

難治性の下部尿路症状から疑う

Loading

検査所見から疑う

Loading

03  診断を行う

Loading
小児神経因性膀胱の診断方法

04  治療をする

Loading
CICや薬物による治療

05  疾患紹介動画

Loading
h3 見出し フォントサイズ:22 コンテンツAコンテンツAコンテンツAコンテンツA Loading ​​​​​​​コンテンツBLoading コンテンツCLoading ンテンツDLoading
2023年3月作成 TOV48M034A
PfizerPro会員登録​

会員限定コンテンツのご利用には会員登録が必要です。
ご登録は日本で医療行為にかかわる医療関係者に限定させていただいております。

ログイン新規会員登録

Copyright (c) 2023 Pfizer Japan Inc. All rights reserved.

Copyright (c) 2023 Pfizer Japan Inc. All rights reserved.

Pfizer for Professionals

本コンテンツは、日本国内の医療・医薬関係者を対象に、日本国内で医療用医薬品を適正にご使用いただくため、日本国内の承認に基づき作成されています。日本の医療機関・医療提供施設等に所属し、医療行為に携っている方を対象としており、日本国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではない事をご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はい いいえ
​​​​​​​​​​​​​​ファイザー株式会社のサイトを離れます。
リンク先のサイトはファイザー株式会社の所有・管理するものではありません。ファイザー株式会社は、リンク先の内容・サービスについて、一切責任を負いません。

また、リンク先サイトをご利用になる際には、リンク先の規約に従ってください。

ファイザー株式会社のサイトを離れてよいですか?
テストファイザー株式会社のサイトを離れます。
リンク先のサイトはファイザー株式会社の所有・管理するものではありません。ファイザー株式会社は、リンク先の内容・サービスについて、一切責任を負いません。

また、リンク先サイトをご利用になる際には、リンク先の規約に従ってください。

ファイザー株式会社のサイトを離れてよいですか?