このサイトは、日本で医療行為にかかわる医療関係者を対象としています。

メディカルインフォメーションはこちら
検索

Menu

Close

ログイン/新規会員登録ログアウト 製品・安全性情報製品・安全性情報製品一覧医薬品安全対策オンライン添文電子化のお知らせ診療情報医薬品安全対策オンライン領域別情報講演会情報診療サポート診療サポートお役立ちサイトSANFORD GUIDEサンメディア学術情報サービスPfizer Medical動画・資材動画ライブラリー資材ライブラリー(旧PfizerPRO Direct(資材宅急便))診療情報医薬品安全対策オンライン製品の供給状況お問い合わせLet's ConnectContact Usお問い合わせ

■ファイザー新型コロナウイルス関連のサイトはこちら:『ワクチン』医療従事者専用サイト:弊社コーポレートサイトからアクセスいただけます。

Menu

Close

疾患情報疾患情報潰瘍性大腸炎潰瘍性大腸炎の治療指針と治療選択 - 潰瘍性大腸炎の治療指針 - 各種治療薬・治療法リウマチゼルヤンツの承認国
製品基本情報
(電子添文含む)
製品基本情報適応症共通製品情報(電子添文等)はこちら総合製品情報概要潰瘍性大腸炎製品基本情報処方上の注意点適正使用のお願い適正使用のためのQ&Aリウマチ製品基本情報処方上の注意点適正使用のお願い安全性服薬指導のご案内
有効性・安全性有効性・安全性潰瘍性大腸炎臨床成績(OCTAVE臨床試験プログラム) - 寛解導入試験:OCTAVE Induction 1&2(1094試験/1095試験)[第Ⅲ相国際共同試験] - 寛解維持試験:OCTAVE Sustain(1096試験)[第Ⅲ相国際共同試験] - 長期非盲検投与試験:OCTAVE Open(1139試験)[第Ⅲ相国際共同試験] - Riveting試験[第Ⅲb/Ⅳ相国際共同試験] - OCTAVE 7.8年の安全性併合解析[Overall+PⅢb/Ⅳコホート]ゼルヤンツの様々なエビデンスと実臨床の使用実績 (会員限定)リウマチORAL Studyシリーズ - ORAL Scan:MTX 効果不十分例/MTX 併用 [第Ⅲ相国際共同試験] - ORAL Standard:MTX 効果不十分例/MTX 併用 [外国第Ⅲ相試験 - ORAL Step:TNF 阻害剤 効果不十分例/MTX 併用 [外国第Ⅲ相試験] - ORAL Solo:DMARD 効果不十分例/単剤 [外国第Ⅲ相試験] - ORAL Sync:DMARD 効果不十分例/DMARD 併用 [外国第Ⅲ相試験] - ORAL Strategy: MTX 効果不十分例/単剤またはMTX 併用[外国第Ⅲb/IV相試験]テーマ別ストーリー全例調査講演会・動画・資材一覧講演会・動画・資材一覧潰瘍性大腸炎講演会すべての動画すべての資材エキスパートに訊く(動画コンテンツなど)Comment from Drs 専門医に聞くゼルヤンツSettling Behavior患者さん向け資材紹介患者さんに伝えたい、食事の基本World IBD Dayリウマチ講演会すべての動画すべての資材専門医が解説!2分でわかるゼルヤンツ専門医から知るゼルヤンツゼルヤンツ誕生までの軌跡「みて」「聴いて」「触って」をサポートするRA診療におけるエコー活用法新型コロナウイルス感染症禍における関節リウマチ患者さんへのオンライン診療サポートツール患者さん向け資材紹介「#想いを相談」患者さん向けキャンペーンのお知らせリウマチ患者さんの「食とくらしのバリアフリー」を実現する食事コンテンツ「○○しないレシピ」のご案内リウマチ関連情報メトトレキサートの副作用マネジメント(肝障害編)メトトレキサートの副作用マネジメント(肺障害編)メトトレキサートの副作用マネジメント(腎障害編)メトトレキサートの副作用マネジメント(LPD編)

お知らせエリア

ゼルヤンツの臨床試験-⽇本のリアルワールドエビデンス

~海外市販後安全性臨床試験と米国のReal World Evidence~

「警告・禁忌を含む注意事項等情報」等については製品情報(電子添文等)をご参照ください。

臨床試験として「ORAL Scan試験」、「ORAL Step試験」、「⻑期投与試験1041試験」と、 実臨床では「⽣物学的製剤(bDMARDs)未治療または既治療のメトトレキサート効果不⼗分な活動性関節リウマチ患者の治療におけるゼルヤンツとトシリズマブの⽐較」についてご紹介いたします。 「⽣物学的製剤(bDMARDs)未治療または既治療のメトトレキサート効果不⼗分な活動性関節リウマチ患者の治療におけるゼルヤンツとトシリズマブの⽐較」は、RCTの補助データとして掲載しています。

RCT は、評価のバイアスを避け、客観的に治療効果を評価した エビデンスを提供します。
RWE は、合併症または治療歴、薬剤の治療状況、広範な医療環境など多様な背景をもつ患者集団が対象となり、RCT を補完 できるデータです。
RCTとRWEの両側面を持ったゼルヤンツのデータが、先生の 処方の一助にしていただけたら幸いです。

第1部 第III相試験ORAL Scan試験

第Ⅲ相国際共同試験(MTX-IR、MTX併⽤/海外および国内データ)

ORAL Scan試験:MTX効果不⼗分例に対するMTX併⽤の有効性と安全性試験の概要

第Ⅲ相、多施設共同、プラセボ対照、無作為化、⼆重盲検、並⾏群間⽐較試験

対象
MTXによる基礎療法を受けている活動性RA患者797例(⽇本⼈118 例を含む)

方法
ゼルヤンツ5mg、10mg、プラセボ群に無作為に割り付け、MTX(15mg/週以上25mg/週以下※1)併⽤下で1⽇2回2年間経⼝投与した。プラセボ群のNon-responder※2は3ヵ⽉時に盲検下でゼルヤンツ5mgまたは10mg1⽇2回に切り替え、6ヵ⽉時にはプラセボ群のすべての患者をゼルヤンツ5mgまたは10mg1⽇2回に切り替えた。

主要評価項目
6ヵ⽉時のACR20改善率、6ヵ⽉時のmTSS※3のベースラインからの変化量、3ヵ⽉時のHAQ-DIのベースラインからの変化量、6ヵ⽉時のDAS28-4(ESR)<2.6達成率

副次評価項目
ACR20(6ヵ⽉時を除く)、50、70改善率、圧痛・疼痛関節数、DAS28-4(ESR)、HAQ-DI、6ヵ⽉時のPain VAS(ACRコアセット)のベースラインからの変化量 等

解析計画
プラセボ投与が⾏われた2つの割り付け群(プラセボ→ゼルヤンツ5mg1⽇2回群、プラセボ→ゼルヤンツ10mg1⽇2回群)を併合してプラセボ群としゼルヤンツ5mg1⽇2回群および10mg1⽇2回群との有効性の⽐較を実施した。
承認時に評価されたサブグループ解析として⽇本⼈サブグループでのデータを検討した。
本試験では、ACR20改善率、mTSSのベースラインからの変化量、HAQ-DIのベースラインからの変化量、DAS28-4(ESR)<2.6達成率の順に解析を⾏うこととし、上位ステップで有意差が認められない場合に以降の解析を⾏わないステップダウン法を⽤いた。全集団の解析でmTSSのゼルヤンツ5mg1⽇2回+MTX群とプラセボ+MTX群との対⽐較において有意差が認められなかったことから、それ以降の検定には進めなかった。

※1 MTXは各地域の規制で定められた⽤法・⽤量によるもので、本邦の承認⽤法・⽤量とは異なります。
※2 Non-responder:圧痛/疼痛関節数および腫脹関節数の両⽅で20%以上の改善が認められなかった患者
※3 ゼルヤンツは関節の構造的損傷の防⽌の適応なし

試験デザイン

van der Heijde, D. et al.:Arthritis Rheum 65(3):559, 2013[L20130314182]
社内資料:国際共同試験(MTX効果不十分例、MTX併用、1044試験)ORAL Scan[L20120705080](承認時評価資料)
本試験は、ファイザー株式会社のスポンサーシップのもと実施されました。

第Ⅲ相臨床試験の解析計画

プラセボ投与が⾏われた2つの割り付け群(プラセボ→ゼルヤンツ5mg1⽇2回群、プラセボ→ゼルヤンツ10mg1⽇2回群)を併合してプラセボ群としゼルヤンツ5mg1⽇2回群および10mg1⽇2回群との有効性の⽐較を実施した。
1044試験では、承認時に評価されたサブグループ解析として⽇本⼈サブグループでのデータを検討した。

  • ACR20改善率およびDAS28-4(ESR)<2.6達成率:正規近似
    1044試験、1064試験および1046試験では、すべての群において3ヵ⽉時にNon-responderと判定された被験者は、3ヵ⽉時以降は⾮改善または⾮達成とした。
  • HAQ-DIのベースラインからの変化量:反復測定混合効果モデル
    ベースライン値、来院時、投与群、来院時と投与群の交互作⽤、地域(⽶国、欧州/カナダ、中南⽶、アジア/その他)を固定効果、被験者を変量効果とした。
  • 6ヵ⽉時のmTSSのベースラインからの変化量(1044試験のみ):共分散分析モデル
    ベースライン値および地域(⽶国、欧州/カナダ、中南⽶、アジア/その他)を共変量とした。すべての群において3ヵ⽉時にNon-responderと判定された被験者については、6ヵ⽉時の評価をベースライン値および3ヵ⽉時の値から直線外挿法により推定した。

複数の主要評価項⽬についてゼルヤンツ2⽤量群とプラセボ群との対⽐較における検定の多重性を調整するため、ゲート・キーピング法またはステップダウン法に基づく逐次的な検定⼿順を⽤いた。各対⽐較の検定の有意⽔準はすべて両側5%とし、当該評価項⽬のゼルヤンツ10mg1⽇2回群においては、⼀段上位の評価項⽬のゼルヤンツ10mg1⽇2回群が統計学的に有意であった場合に限り対⽐較を実施する⼿順とし、当該評価項⽬のゼルヤンツ5mg1⽇2回群においては、同⼀評価項⽬のゼルヤンツ10mg1⽇2回群および⼀段上位の評価項⽬の5mg1⽇2回群が統計学的に有意であった場合に限り対⽐較を実施する⼿順とした。1044試験での検定⼿順は、ACR20改善率→mTSSのベースラインからの変化量→HAQ-DIのベースラインからの変化量→DAS28-4(ESR)<2.6達成率とした。1044試験以外での検定⼿順は、ACR20改善率→HAQ-DIのベースラインからの変化量→DAS28-4(ESR)<2.6達成率とした。

1)van der Heijde, D. et al.:Arthritis Rheum 65(3):559, 2013[L20130314182]
2)van Vollenhoven, R. F. et al.:N Engl J Med 367(6):508, 2012[L20120914072]
3)Burmester, G. R. et al.:Lancet 381(9865):451, 2013[L20130212001]
4)Fleischmann, R. et al.:N Engl J Med 367(6):495, 2012[L20120914175]
5)Kremer, J. et al.:Ann Intern Med 159(4):253, 2013[L20131011112]
本試験は、ファイザー株式会社のスポンサーシップのもと実施されました。

ORAL Scan試験:患者背景ベースライン時の患者背景

van der Heijde, D. et al.:Arthritis Rheum 65(3):559, 2013[L20130314182]
社内資料:国際共同試験(MTX効果不十分例、MTX併用、1044試験)ORAL Scan[L20120705080](承認時評価資料)
本試験は、ファイザー株式会社のスポンサーシップのもと実施されました。

判定された悪性腫瘍(NMSCを除く)(主要評価項目)

コックス比例ハザードモデルに基づく。
安全性解析対象集団。観察期間は治療開始から最終投与の60日後までとした。
 *:トファシチニブ10mg1日2回投与に割り付けられ5mg1日2回投与に減量された症例は、トファシチニブ10mg1日2回群に集計した。

PY(patient-years)=人・年、C(I confidence interval)=信頼区間、HR(hazard ratio)=ハザード比、IR(incidence rate)=発現率、n(number of patients with a first event within the risk period)=観察期間中に最初のイベントが発生した患者数、N(number of patients in each treatment group in the safety population)=安全性 解析集団における各治療群の患者数、MACE(major adverse cardiovascular events)=主要な心血管系有害事象、ORAL(Oral Rheumatoid Arthritis Trial)=ORAL試験、TNF(tumor necrosis factor)=腫瘍壊死因子

Ytterberg, S. R. et al.:N Engl J Med 386(4):316, 2022

判定されたMACEにおける年齢別の主要評価項目のサブグループ解析の発現率は、65歳以上では、TNF阻害剤群0.91(95% CI:0.50-1.52)に対しトファシチニブ併合群1.63(95% CI:1.20-2.18)でした[HR 1.79(95% CI:0.99-3.26)]。65歳未満では、TNF阻害剤群0.66(95% CI:0.42-0.99)に対しトファシチニブ併合群0.72(95% CI:0.54-0.94)でした[HR 1.10(95% CI:0.67-1.79)]。
観察期間は治療開始から最終投与の60日後までとしました。
トファシチニブ 10mg1日2回投与群は、2019年2月の試験デザイン変更により5mg1日2回投与に切り替えられた被験者が含まれます。

ORAL Scan試験:臨床症状の変化

本試験の安全性に関する情報は「ORAL Scan試験 安全性」参照

ACR20改善率(6ヵ⽉時、主要評価項⽬、検証項目)

ゼルヤンツ10mg1⽇2回+MTX群の結果は、承認外⽤量であるため図⽰していない。

van der Heijde, D. et al.:Arthritis Rheum 65(3):559, 2013[L20130314182]より作図
社内資料:国際共同試験(MTX効果不十分例、MTX併用、1044試験)ORAL Scan[L20120705080](承認時評価資料)
本試験は、ファイザー株式会社のスポンサーシップのもと実施されました。

ORAL Scan試験:⾝体機能への影響

本試験の安全性に関する情報は「ORAL Scan試験 安全性」参照

HAQ-DIスコアのベースラインからの変化量(主要評価項目、検証項目・副次評価項⽬)

ゼルヤンツ10mg1⽇2回+MTX群の結果は、承認外⽤量であるため図⽰していない。
MCID(Minimum Clinically Important Differences):臨床的に意義のある最⼩変化。HAQ-DIスコアのベースラインからの変化量がー0.22mm以上の場合。

注)本試験では、ACR20改善率、mTSSのベースラインからの変化量、HAQ-DIのベースラインからの変化量、DAS28-4(ESR)<2.6達成率の順に解析を⾏うこととし、上位ステップで有意差が認められない場合に以降の解析を⾏わないステップダウン法を⽤いた。全集団の解析でmTSSのゼルヤンツ5mg1⽇2回+MTX群とプラセボ+MTX群との対⽐較において有意差が認められなかったことから、それ以降の検定には進めなかった。

van der Heijde, D. et al.:Arthritis Rheum 65(3):559, 2013[L20130314182]
社内資料:国際共同試験(MTX効果不十分例、MTX併用、1044試験)ORAL Scan[L20120705080](承認時評価資料)
本試験は、ファイザー株式会社のスポンサーシップのもと実施されました。

ORAL Scan試験:疾患活動性への影響

本試験の安全性に関する情報は「ORAL Scan試験 安全性」参照

DAS28-4(ESR)<2.6達成率(主要評価項目、検証項目・副次評価項⽬)

※Non-responderとして3ヵ⽉時に⼆重盲検下でゼルヤンツ5mg1⽇2回または10mg1⽇2回に切り替えた症例を含む。
ゼルヤンツ10mg1⽇2回+MTX群の結果は、承認外⽤量であるため図⽰していない。

注)本試験では、ACR20改善率、mTSSのベースラインからの変化量、HAQ-DIのベースラインからの変化量、DAS28-4(ESR)<2.6達成率の順に解析を⾏うこととし、上位ステップで有意差が認められない場合に以降の解析を⾏わないステップダウン法を⽤いた。全集団の解析でmTSSのゼルヤンツ5mg1⽇2回+MTX群とプラセボ+MTX群との対⽐較において有意差が認められなかったことから、それ以降の検定には進めなかった。

社内資料:国際共同試験(MTX効果不十分例、MTX併用、1044試験)ORAL Scan[L20120705080](承認時評価資料)
本試験は、ファイザー株式会社のスポンサーシップのもと実施されました。

ORAL Scan試験:Pain VAS/圧痛・疼痛関節数のベースラインからの変化

本試験の安全性に関する情報は「ORAL Scan試験 安全性」参照

Pain VAS(ACRコアセット)のベースラインからの変化量(6ヵ⽉時、副次評価項⽬) 圧痛・疼痛関節数のベースラインからの変化(6ヵ⽉時、副次評価項⽬)

ゼルヤンツ10mg1⽇2回+MTX群の結果は、承認外⽤量であるため図⽰していない。

van der Heijde, D. et al.:Arthritis Rheum 65(3):559, 2013[L20130314182]より作成
社内資料:国際共同試験(MTX効果不十分例、MTX併用、1044試験)ORAL Scan[L20120705080](承認時評価資料)
本試験は、ファイザー株式会社のスポンサーシップのもと実施されました。

ORAL Scan試験:臨床症状の変化[⽇本⼈を対象としたサブグループ解析]

本試験の安全性に関する情報は「ORAL Scan試験 安全性」参照

ACR20、50、70改善率(6ヵ⽉時、主要評価項目、検証項目・副次評価項⽬のサブグループ解析)

ゼルヤンツ10mg1⽇2回+MTX群の結果は、承認外⽤量であるため図⽰していない。

社内資料:国際共同試験(MTX効果不⼗分例、MTX併⽤、1044試験)ORAL Scan[L20120705080][承認時評価資料]
本試験は、ファイザー株式会社のスポンサーシップのもと実施されました。

ORAL Scan試験:⾝体機能への影響[⽇本⼈を対象としたサブグループ解析]

本試験の安全性に関する情報は「ORAL Scan試験 安全性」参照

HAQ-DIスコアのベースラインからの変化量(主要評価項目、検証項目・副次評価項⽬のサブグループ解析)

※10例未満であるため結果は図⽰していない。
ゼルヤンツ10mg1⽇2回+MTX群の結果は、承認外⽤量であるため図⽰していない。

注)本試験では、ACR20改善率、mTSSのベースラインからの変化量、HAQ-DIのベースラインからの変化量、DAS28-4(ESR)<2.6達成率の順に解析を⾏うこととし、上位ステップで有意差が認められない場合に以降の解析を⾏わないステップダウン法を⽤いた。全集団の解析でmTSSのゼルヤンツ5mg1⽇2回+MTX群とプラセボ+MTX群との対⽐較において有意差が認められなかったことから、それ以降の検定には進めなかった。

社内資料:国際共同試験(MTX効果不⼗分例、MTX併⽤、1044試験)ORAL Scan[L20120705080][承認時評価資料]
本試験は、ファイザー株式会社のスポンサーシップのもと実施されました。

ORAL Scan試験:疾患活動性への影響[⽇本⼈を対象としたサブグループ解析]

本試験の安全性に関する情報は「ORAL Scan試験 安全性」参照

DAS28-4(ESR)<2.6達成率(主要評価項目、検証項目・副次評価項⽬のサブグループ解析)

ゼルヤンツ10mg1⽇2回+MTX群の結果は、承認外⽤量であるため図⽰していない。

注)本試験では、ACR20改善率、mTSSのベースラインからの変化量、HAQ-DIのベースラインからの変化量、DAS28-4(ESR)<2.6達成率の順に解析を⾏うこととし、上位ステップで有意差が認められない場合に以降の解析を⾏わないステップダウン法を⽤いた。全集団の解析でmTSSのゼルヤンツ5mg1⽇2回+MTX群とプラセボ+MTX群との対⽐較において有意差が認められなかったことから、それ以降の検定には進めなかった。

社内資料:国際共同試験(MTX効果不⼗分例、MTX併⽤、1044試験)ORAL Scan[L20120705080](承認時評価資料)
本試験は、ファイザー株式会社のスポンサーシップのもと実施されました。

ORAL Scan試験:安全性各投与期間における有害事象、重篤な有害事象、重篤な有害事象による中⽌

van der Heijde, D. et al.:Arthritis Rheum 65(3):559, 2013[L20130314182]
社内資料:国際共同試験(MTX効果不⼗分例、MTX併⽤、1044試験)ORAL Scan[L20120705080](承認時評価資料)
本試験は、ファイザー株式会社のスポンサーシップのもと実施されました。

安全性
投与開始から3ヵ月時までに、ゼルヤンツ+MTX群全体で637例中203例(31.9%)、プラセボ+MTX群で160例中41例(25.6%)に因果関係を否定できない有害事象が認められた。おもな有害事象は、ゼルヤンツ+MTX群全体では、鼻咽頭炎15例(2.4%)、頭痛15例(2.4%)、高コレステロール血症10例(1.6%)等であり、プラセボ+MTX群では、上気道感染2例(1.3%)、消化不良2例(1.3%)、頭痛2例(1.3%)等であった。また、日本人集団のゼルヤンツ+MTX群全体で94例中51例(54.3%)、プラセボ+MTX群で24例中7例(29.2%)に因果関係を否定できない有害事象が認められた。おもな有害事象は、ゼルヤンツ+MTX群全体では、鼻咽頭炎10例(10.6%)、帯状疱疹4例(4.3%)、発熱4例(4.3%)等であり、プラセボ+MTX群では、鼻咽頭炎1例(4.2%)、上腹部痛1例(4.2%)、浮動性めまい1例(4.2%)等であった。重篤な有害事象は、ゼルヤンツ+MTX群全体で7例(基底細胞癌、胃癌・リンパ節転移、発熱・ニューモシスティスジロヴェシ肺炎、インフルエンザ各1例等)、プラセボ+MTX群で1例(鼡径部腫瘤)に認められた。また、日本人集団のゼルヤンツ+MTX群全体で3例(胃癌・リンパ節転移、発熱・ニューモシスティスジロヴェシ肺炎各1例等)、プラセボ+MTX群では認められなかった。有害事象による中止は、ゼルヤンツ+MTX群全体で22例(血圧上昇・頭痛、上気道感染、白血球数減少、腹部膨満・呼吸困難、鉄欠乏性貧血、インフルエンザ各1例等)、プラセボ+MTX群で4例(関節リウマチ2例、下痢、筋肉痛各1例)であった。また、日本人集団のゼルヤンツ+MTX群全体で6例(ニューモシスティスジロヴェシ肺炎、インフルエンザ、汎血球減少症各1例等)、プラセボ+MTX群では認められなかった。

国内で承認された内容以外の情報を含んでいます。国内での承認審査過程で評価された試験成績を含んでいます。
本邦で承認された⽤法・⽤量:通常、トファシチニブとして1回5mgを1⽇2回経⼝投与する。
注)併⽤薬のMTXは各地域の規制で定められた⽤法・⽤量によるもので、本邦での承認⽤法・⽤量とは異なる。
本邦におけるMTXの承認⽤量(関節リウマチ):通常、1週間単位の投与量をメトトレキサートとして6mgとし、1週間単位の投与量を1回⼜は2〜3回に分割して経⼝投与する。分割して投与する場合、初⽇から2⽇⽬にかけて12時間間隔で投与する。
1回⼜は2回分割投与の場合は残りの6⽇間、3回分割投与の場合は残りの5⽇間は休薬する。これを1週間ごとに繰り返す。なお、患者の年齢、症状、忍容性及び本剤に対する反応等に応じて適宜増減するが、1週間単位の投与量として16mgを超えないようにする。

ORAL Standard試験 / 関節リウマチ患者の
治療における投与方法の嗜好性についての調査
Loading
ButtonButtonButtonButtonButtonButtonLoading ButtonButtonButtonButtonButtonButtonLoading
2部:トファシチニブにおける心血管系アウトカム:日常診療の関節リウマチ患者を対象としたトファシチニブにおける安全性試験の結果(STAR-RA試験)
Loading
ButtonButtonButtonButtonButtonButtonLoading ButtonButtonButtonButtonButtonButtonLoading
テーマ別ストーリー
Loading
ButtonButtonButtonButtonButtonButtonLoading ButtonButtonButtonButtonButtonButtonLoading
リアルワールドエビデンス(RWE)の価値
Loading
ButtonButtonButtonButtonButtonButtonLoading ButtonButtonButtonButtonButtonButtonLoading
ButtonButtonButtonButtonButtonButtonLoading ButtonButtonButtonButtonButtonButtonLoading ORAL Surveillance試験(A3921133試験)とCORRONA Registry
~海外市販後安全性臨床試験と米国のReal World Evidence~
Loading
ButtonButtonButtonButtonButtonButtonLoading ButtonButtonButtonButtonButtonButtonLoading
2024年4月作成 XEL39O013A
PfizerPro会員登録​

会員限定コンテンツのご利用には会員登録が必要です。
ご登録は日本で医療行為にかかわる医療関係者に限定させていただいております。

ログイン新規会員登録

Copyright© since 2010 Pfizer Japan Inc. All right reserved.

Copyright© since 2010 Pfizer Japan Inc. All right reserved.

Pfizer for Professionals

本コンテンツは、日本国内の医療・医薬関係者を対象に、日本国内で医療用医薬品を適正にご使用いただくため、日本国内の承認に基づき作成されています。日本の医療機関・医療提供施設等に所属し、医療行為に携っている方を対象としており、日本国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではない事をご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はい いいえ
​​​​​​​​​​​​​​ファイザー株式会社のサイトを離れます。
リンク先のサイトはファイザー株式会社の所有・管理するものではありません。ファイザー株式会社は、リンク先の内容・サービスについて、一切責任を負いません。

また、リンク先サイトをご利用になる際には、リンク先の規約に従ってください。

ファイザー株式会社のサイトを離れてよいですか?
テストファイザー株式会社のサイトを離れます。
リンク先のサイトはファイザー株式会社の所有・管理するものではありません。ファイザー株式会社は、リンク先の内容・サービスについて、一切責任を負いません。

また、リンク先サイトをご利用になる際には、リンク先の規約に従ってください。

ファイザー株式会社のサイトを離れてよいですか?